病院看護師のダイエットの実践方法

病院看護師は朝から晩まで勤務日は働き詰めになりがちであり、ダイエットをしようと思うと時間が取りづらいのが特徴です。
また、体力も気力も必要になる仕事であるため、朝にジョギングをしてから仕事をしたり、仕事を終えてから体操をしたりするのも意外に大変になります。
そのため、効果的にダイエットをするための実践方法としては、うまく勤務日と休日を使い分けることが欠かせません。
休日には体力を使って積極的にスポーツをして脂肪を燃焼させ、勤務日には体力を温存するために食べ過ぎて太らないようにするだけに留めるのが基本姿勢として適切でしょう。

週一で脂肪を減らしていくだけでも効果はあがりますが、より積極的に体重を減らしていきたいと考えたら勤務日にもう一工夫をしてみるのが良い方法です。
仕事をするためのエネルギーとなる朝食と昼食は通常通りに食べて、夕食をドリンクなどで置き換えするのがその工夫になります。
昼間から食事を抜いた方が身体についている脂肪などは使ってくれる割合が高くなりますが、仕事に支障が出ると大きなストレスになるでしょう。
また、空腹で仕事をするのもストレスの原因になり、ダイエットの継続が難しくなりがちです。
そのため、仕事が終わってからご褒美にドリンクなどを一杯だけ飲んで、空腹になってくる前に眠ってしまうという方法を取ると続けやすくなります。

病院看護師として働きながら痩せたいと考えたらこのような形で実践してみると良いでしょう。

Leave a Reply