医療の専門家としてのダイエットの理解

ダイエットは近年の流行であり、医療現場にいるとその内容についての相談を受けることも珍しいことではありません。
そのときに看護師として意見を伝える場合には医療の専門家の一人であるという自覚が必要になります。
ただ個人的な見解を述べたとしても、それが医学的根拠に基づいていると勘違いされてしまうこともあるからであり、高い自覚を持って話をすることが欠かせません。
しかし、実際にはその責務を最も重く負うことになるのは医師であり、看護師にはより患者と近い位置での会話が求められる場合もあります。
そのために根拠のある話をするには自分で実践してみるのが良い方法です。

世の中には少し知識があると疑わしいと思えるようなダイエット方法もありますが、より詳細に調べてみると意外な根拠が見つかることもよくあります。
それをもとにして実践してみると確かに痩せられることがわかる場合もあるのです。
その自分の経験をもって患者に話をするのはたとえ医学的根拠がしっかりとしていなかったとしても間違ったことではありません。

女性看護師にとって肥満に向かってしまうことが悩みになることはよくあります。
その際に前向きになって自分が疑わしいと思っていたダイエット方法を試してみるのも賢明な判断です。
そうすることで自分はどうだったかという経験の話を患者と交わせるため、肥満に悩んでいる女性患者とのコミュニケーションを楽しむことができるようになるでしょう。

Leave a Reply