長期で考えること

体調管理のためにダイエットをする人はまだ少ないのですが、これからは必要になってくるのではないかと思います。
まず自身の体調管理ができない人間は、仕事の管理能力においても疑問を持たれやすいからです。
また太っている人は、自分に甘いなどといったマイナスのイメージが強いように思います。

では実際に太っている人は仕事ができないのでしょうか。
それはノーです、該当しない人も多くいます。
仕事で能力を発揮でる人もいると思いますが、それは少数だからこのようなイメージが強くなってしまうのではないでしょうか。
ここで注意が必要なのは、どの程度が太っていると判断するのかということです。
本当に太っていてダイエットが必要な人ほど、自分の現状に気づいていないことや、目を逸らしていることがあります。

特に最近では「ぽっちゃり」という言葉や「マシュマロ体型」という言葉が流行っていて、このような装飾された言葉に逃げている人が多いように思います。
現実を受け入れて認めない間は、どのような方法を試してもダイエットに成功することは期待できません。
まずは自分の状況を客観的に見つめ直すところから始めましょう。

体重には適正体重があります、太り過ぎず痩せすぎずという体重が適正体重であり、この適性体重を目指すとよいでしょう。
目標は決まりました、次はライフヒストリーを仕上げることです。
生まれてきてから現在まで、どの時点でダイエットが必要になっていたのでしょうか、その年齢と現在の年齢との時間を把握します。その期間が5年であればダイエットには10年かかると考えておきましょう。

太ることは簡単ですが、痩せることはその何倍も時間が必要です、その覚悟をしっかりとすることです。
ダイエットを始めると、すぐに効果が感じられます、ですが必ず停滞する時期が訪れるのです。
停滞期間が辛くなってダイエットを諦める人が多いのです。
ダイエットには時間と忍耐が必要だということを認識すると、長続きできるのではないかと思います。

ダイエットはとにかく続けることを目標に計画を立てましょう。
ダイエットを継続する秘訣などダイエットに失敗しないためにも情報収集から始めることが大切です、私も参考にしたサイトを紹介します。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
参考サイト:http://neverfaildiet-told.com

Leave a Reply